年寄りになると

年齢を増すと手足の動きが悪くなる、育ててくれた人を、国は大事にしてほしい。世間もそうだと思う。今の自分たちにも見方が違ってくる。年寄りは老いたことを悔しく思っている。だから、互いに思いやろう、七つの水仙をはじめ、不幸な時代は悲しみと希望を歌っている。60年も前です。最近、義利の兄が亡くなったとき、泣けてしかたなかったけど、感動の歌が今、聞こえてくるんです。これからのシルバー達はどうなるんだろう。男も愛する妻も働けることが幸せです。だから今を大事にしたいんです。息子に言うんです、keep busyに至るんです。今日は家族にとって大事な写真載せます。お正月に選手たちが走って来るんです、もうたまりません。お店に遊びにきてください、誠心誠意です。
b0110009_20231118.jpg

[PR]

by katogino | 2016-09-14 20:24